<   2006年 02月 ( 13 )   > この月の画像一覧

新しい仲間たち

きょうは、2月も、終わりの日。
今月も、なんとも、投稿件数の少ない月でございました。。。。
(たしか、1月の終わりにも、同じようなことを書き、2月はしっかり書くぞ!!と宣言したような気がするのですが・・・)

まだ、紹介していない新しく仲間入りした、わんにゃん達、が、たくさんいる、というのに。。

b0038381_23554427.jpg
ジロー君。
一人暮らしの飼い主さんが、昨年暮れに亡くなってしまい、誰も住んでいない家で暮らしていたところを保護。
優しい、おりこうないい子です。

b0038381_23572750.jpg
ポポちゃん。
パピヨン、6才。
元飼い主さんは、83歳。
ということは、買い始めたのは、77歳、、
このことについては、飼い主さんたちも、今となっては、あまりにも無知すぎた。。。結果、周囲にも迷惑をかけてしまった。。と反省しております。
ベッド、ソファーとか、たくさんのお荷物持参で、日本ドッグホーム協会へ仲間入り。


b0038381_035397.jpg
新しい仲間では、ありません。
ご存知のとおり、ヒロトくんです。
始めて、ホームへ訪れて、ヒロトにさわることのできる人は、あまりいません。。
どちらかというと、みんなから、恐れらている、かも、、
でも、キミを抱きしめると、元気のでる私なんです。


 ←クリックして応援してね。
by mshirai3 | 2006-02-28 23:55 | 新しい仲間

クロワッサン3/10号掲載

b0038381_1323091.jpg本日、発売の クロワッサン3/10号 にて、
日本ドッグホーム協会の活動が紹介されました。

PDFファイルにしてみました⇒こちらからどうぞ

クロワッサンの編集部の方、ライターの方、カメラマンの方、お世話になりました。
ありがとうございました。


 1クリック、よろしくね。
by mshirai3 | 2006-02-25 13:34 | 日本ドッグホーム協会

毎日新聞掲載、その後。

先日の毎日新聞の掲載のあと、
日本ドッグホーム協会へは、
動物の引き取り依頼の相談事が、急増しました。

この記事は、日本ドッグホーム協会の活動紹介ではなく、

”定年後は犬と暮らしたい/“うちのコ”守る対策を”という中で、
高齢者にペットの貸出しを行っている。
高齢者のペットを引き取り終生飼育している。

という内容。間違ってはいませんが、でも、知らない人が読めば、駆け込み寺の紹介のような感じを受けるかもしれない。

野良猫を保護しているのでその猫の保護依頼、とか、若い人の引き取り依頼もある。
相談事ではない電話でも、
いろいろ話を聞いたあと、「では、こういう施設があれば安心、ということですね。」
と、言って、電話を切った人もいた。

安心でいられるためには、
市民のみなさまの理解、そして応援が必要である。

なかなか、難しいですね。
移転先の三保施設。今後の日本ドッグホーム協会。問題山積みです。

明日2月25日発売の クロワッサン(3/10号)の、
女の新聞〈介護〉 で、私達の活動が、紹介されます。
これには、私達の思いが、伝わっています。
記事の内容は、明日、紹介します。
b0038381_22303312.jpg


 ポチっと押して応援してね。
by mshirai3 | 2006-02-24 22:15 | 日本ドッグホーム協会

毎日新聞掲載

本日の毎日新聞、
定年後は犬と暮らしたい/“うちのコ”守る対策を にて、
日本ドッグホーム協会の活動が、紹介されました。

記事全文は、こちら




b0038381_1531465.jpg

by mshirai3 | 2006-02-22 14:34 | 日本ドッグホーム協会

私も嬉しかったですよ。

b0038381_20475236.jpg
昨年10月30日に、日本ドッグホーム協会に入所したワンコ。
高齢の飼い主さんご夫婦共に、入院してしまい、世話をする人がいない、という理由で、息子さん夫婦が連れてきた。

その後、飼い主さんからも、誰からも連絡もなく、どうなってしまったのかなーーと思ってた。

先日、この犬の親戚のものです。という人が、ペットフードを持って、ホームを訪れた。
元飼い主の姪、になるというこの人。
犬は、どこかへあずけた。ということだけを聞かされ、それがどこかも、教えてもらうことができず、ただ、ひたすらこの犬のことを心配していたのだそうだ。

やはり両親そろっての病気入院は、家族の負担は、はかりしれないもののようである。

いろいろ探しているうちに、日本ドッグホーム協会のHPにたどりつき、
ホームの子達の紹介の中で、この犬をみつけたのだそうです。
クリックして、パソコンの画面いっぱいにひろがったこの元気な犬の顔を見て、大粒の涙がこぼれ落ちたそうだ。

きょうは、ワンたちのお世話のお手伝いに来てくれた。
”ケン坊、散歩行こう!”
そう、声かけていた。

連れてこられた時の状況を思い出すと、捨てられたかのような感じだったけど、

ケン坊って、呼ばれてたんだ~~。
よかったね、心配してくれてる人、いたじゃないの!!
ほんと、よかった。

「犬のことを口に出せるような状況ではなくて・・代わりに飼う事もできず、でも、どうしているのか、ずーっと心配してました。大切にしてもらってて、本当に嬉しいです。」


私も、本当に嬉しいです。

 1クリック、よろしくね。
by mshirai3 | 2006-02-18 21:03 | 日本ドッグホーム協会

スキン変えてみました。

春が、待ち遠しいですね。

b0038381_21511898.jpg
うわー、寒そーーですね。
日本ドッグホーム協会のスタッフのみんな、がんばろうね!!

 ←クリックして応援してね。
by mshirai3 | 2006-02-17 21:51 | 日本ドッグホーム協会

みんながんばってますよ!

先月終わりに、埼玉県より、日本ドッグホーム協会に仲間入りしたチェリーちゃん。
ちょっぴりお家が、恋しくなっちゃったの、、。。
b0038381_13215612.jpg
b0038381_13325738.jpg
でも、すぐにお友だちができたのよ。ジョン君も、イビちゃんも、心配してます。
チェリーちゃん、がんばってね☆って、みんな応援してるからね。元気だしてね。

こちらは、仲良し3人組。
b0038381_1322177.jpg
b0038381_13222990.jpg
大きさも、性格もバラバラだけど、なぜか一緒にお散歩してます。
ゴールデンは、チェリー(新入りさんと同じ名前。ホームで、他の誰よりも、長く暮らしてます;)。
シェルティは、チコ
ヨーキは、レオ(昨年9月に、入所)
みんな元気ですよ~^^心配しないでね。

ポチっと押して応援してね!
by mshirai3 | 2006-02-15 13:26 | 日本ドッグホーム協会

がんばれ、チビちゃん

柴犬、チビちゃん
b0038381_712356.jpg

昨年5月、
痴呆症で、昼夜、他、まわりのことも、わからなくなってしまっていて、
日本ドッグホーム協会へ、やってきました。
食欲も、あって、元気だったけど、
ここ数日、元気がない。
きょうは、ぐったりしてしまった。
動かないあごを、手で下へ下げて、ミルクに浸したパンを口の中へ入れると、食べる。
でも、力ない・・・・

がんばれ、チビちゃん。


 1クリック、よろしく。
by mshirai3 | 2006-02-12 22:28 | 日本ドッグホーム協会

新しい仲間たち

b0038381_20152060.jpg

昨日、日本ドッグホーム協会に、新しく仲間入りしたコロちゃん。17歳。
滋賀県高島市まで、お迎えに行ってきました。
10日の深夜、静岡を出ました。そして、翌日の午前中に、先方宅へ・・・
と、なりましたが、
ですが、
今回は、いつもと違う準備が、必要でした。

それが、何かというと、タイヤ なのです。
私は、この静岡県静岡市清水区に、45年、住んでいますが、清水区に、雪は降ったことがないのです。しかも、今までどこへも遊びに出かけた事がないので、スタッドレスタイヤは、一度もつけたことがない・・・必要ないものなのです。
なので、初めてスタッドレスタイヤ、買いました。(思ったより高いですね)
道路を走ると、いつもと違う音がしますね。気のせい?(おかしいですか??)

お天気もかなり心配して、天気予報とにらめっこで、出発しました。
晴れていても、道路が凍結していると、恐い。
見慣れない雪景色の中を走って、、
まあ、なんとか無事に帰ってくることができたというところです。


1月終わりに、2頭のワンコも、仲間入りしてます。

チェリー 13歳。
ホームに来る前に、美容院に行ってきたのかな、かわいいリボン、つけてます。
b0038381_20153475.jpg


茶々 9歳です。ポチャっとしていてかわいい。
b0038381_20154330.jpg


みんな、はやく、日本ドッグホーム協会の生活に慣れるといいね。
クリックして応援してね。
by mshirai3 | 2006-02-12 20:55 | 日本ドッグホーム協会

父の入院。

私事ですが、
昨日、私の父が入院しました。

父は、10年ほど前から、脳梗塞と闘ってきました。
介護してきたのは、私の母。
父は、職人であり自営業主。寝る間も惜しんで、ただひたすら働いて、日本の高度成長期の時代をささえてきた中のひとりです。その父のそばについて、共に働いてきた母。

このごろの父は、自分の身体が日増しに思うように動かなくなることや、いろいろの問題が重なり、やっと動く腕を振り回し、母を困らせるようになってしまった。
ペースメーカーのはいっている身体の母は、常に笑顔で介護し続けてきてけど、限界を感じているようでした。

そんな状態を見ていて、兄夫婦が、父の入院を決めた。

夜、入院している父のところへ、行った。
もともと無口であり、思うように話す事ができない父は、ほとんど口を利かない。
でも、私の顔を見た父は、何か言いたそうであった。
話を聞こうとする私に、母は、もう帰ろう。と言った。

「どうして、お父さんは、入院したの?これでいいの?」
母に、言っても、
お父さんの世話が大変だから。という理由で入院を決めた息子夫婦に従うこと。
これでいいのだから・・・
母は、そう自分に言い聞かせていた。

====

愛犬を思い、入院をためらう高齢者。
入院していても、心配なのは、犬のこと。
そんな高齢者のせつない気持ちは、本当によくわかっていた。

入院している本人ではなく、家族からの、飼い主が入院、他、の理由で犬を引き取ってほしいという相談も、日本ドッグホーム協会には、あります。

親の飼っていた犬だから、といっても、代わりに飼うことはできない。
そういうことは理解していた。

自分の親の入院によって、生じてくる複雑な気持ち。家族のあいだでも言葉にはだせないでこらえている感情もあるでしょう。。
涙も、流している場合ではないかもしれない・・

もし、
父に愛犬がいたら、兄夫婦はきっと飼うことはしない。私が、マンション住まいだったら。
今の心情の私には、地獄だ。
父も私も、犬を心配して騒ぐでしょう・・
兄夫婦と母は、そんな私達を好ましくは思わないだろう。無理もないことだと思う。
でも、それではすまされない。犬は、生きているのだから。愛しいのだから。


日本ドッグホーム協会に、相談事を持ってくる高齢者の家族の気持ち、もう少し、理解できたような気がする。

日本ドッグホーム協会。
もっともっと、しっかりとした組織作りをしなくてはいけない。
常に資金不足の今の現状では、だめだ。ということ実感。

b0038381_2322562.jpg


 1クリック、よろしくね。
by mshirai3 | 2006-02-10 22:46 | 日本ドッグホーム協会


日本ドッグホーム協会は、やむを得ず手放さなければならない高齢者のペットの救済活動を行っている社会奉仕団体


by mshirai3

プロフィールを見る
画像一覧


ペット(保護活動) ブログランキングへ

インターネットのお買物は下記のバナーからお願いします
(売上金の一部が日本ドッグホーム協会に寄付されます)




犬・猫の総合情報サイト『PEPPY(ペピイ)』

犬・猫の総合情報サイト『PEPPY(ペピイ)』

ベルメゾンネット


お得情報満載!a-shop


日本ドッグホーム協会
日本ドッグホーム協会
●沿革
●活動内容
●ご寄付のお願い


わんにゃん日時計
(ご支援の報告です)


がんばれハナちゃん!
(ハナちゃんありがとう)



ラヴェルに恋して
橋爪雅子さんのサイト

カマラードチャリティーコンサート
チャリティーコンサートが開催されました!
●H21.5.22 千葉市にて
●22.11.13 茨城県大子町にて




Yahoo!オークション





富士山ライブカメラ
清水港から見た富士山

以前の記事

2016年 02月
2016年 01月
2015年 10月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 01月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月

人気ジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

ボランティア
動物・ペット

画像一覧