<   2005年 01月 ( 8 )   > この月の画像一覧

テレビ静岡 スーパーニュース

今月の27日に、テレビ静岡のスーパーニュースにて、
日本ドッグホーム協会の活動が紹介されました。
1日かかっての取材で、放映は3分ほどのものでした。
ですが、
日本ドッグホーム協会の活動が、ありのままに、
そして、伝えたい私たちの気持ちがきちんと、放映されていました。

放送直後から、日本ドッグホーム協会には、問合せの電話が鳴り、
翌日も、テレビを見て、という電話や来訪者がありました。

ご寄付や、賛助会員入会の申し出をたくさんいただきました。
また、何件かの相談ごとも、受けております。沼津市内の会社にて保護していた迷子犬も施設で保護することになりました。
たくさんの方々に私達の活動を知っていただくことができました。
ありがとうございました。

取材していただいたテレビ静岡のみなさま。取材に協力していただいたみなさま。
お世話になりました。本当にありがとうございました。
これからも、どうぞよろしくお願いします。


☆うれしいお便りいただきました。
昨年12月に里親さんが決まった秋田犬仔犬。
人気があったけど、なかなか里親さんが決まらず、もしや、このまま施設ですごすのではー・・。。と心配して。
でも、良いご縁に恵まれて。。
チビゴン改め、鷲羽くん!
こんなにいい男になりました!かっこい~いねえ。


b0038381_22374993.jpg

by mshirai3 | 2005-01-30 22:37 | 日本ドッグホーム協会

テレビ静岡にて放映予定


1月27日(木)
テレビ静岡の夕方6時のニュースの中で、
日本ドックホーム協会が紹介されます。
たった3分ほどですが・・・。
by mshirai3 | 2005-01-26 23:18 | 日本ドッグホーム協会

おばあちゃんの愛犬「エス」

富士市に住む、82歳の一人暮らしの女性の愛犬を、ひきとりにいきました。


おばあちゃんは、
完全盲目になってしまい、ひとりで暮らすことが、限界。
(はっきりとした色は、わかるようで、日本ドッグホーム協会の黄色のスタッフジャンパーを着ていた私を確認できました。)
ご主人に先立たれ、子供がいないので、身寄りがない。

浜松市の施設に入所することが決まり、今月の23日が、入所の日。
昨年の暮れに近くのペットサロンのオーナーさんから、この件の相談は受けていた。
おばあちゃんは、
この愛犬を美容院でシャンプーし、フィラリア予防の薬も飲ませていた。
ペットサロンのオーナーさんも、この犬の里親募集のチラシを作って探していたようだ。
ひとりで暮らすことが困難となってしまった独居老人。
愛犬の行き先だけが決まらない。

ペットサロンのオーナーさんから、
日本ドッグホーム協会は、
「エスを殺さないで、最期まで面倒をみてくれるところだ。」
そう説明を受けていたようだ。

「そんなありがたいところが清水に、あると聞いた。
 役所の人は、24日に保健所がエスを迎えに来るからと言った。
 エスを保健所に連れていかないで。
 エスのことをお願いします。
 よろしくお願いします。
 ありがとう、本当にありがとう。
 よろしくお願いします。」
 
号泣しているおばあちゃんの右手は、千円札を握り締めていた。。

大好きないつものトリマーさんのはずなのに、今日は様子が違う、ということを感じたのであろう、いやがるエスを、ペットサロンのオーナーさんと、私のふたりがかりで、車に乗せた。

「おばあちゃん、エスは、今、車に乗ったからね。
大丈夫だからね。エスのことは心配しないでね。」

「エスのことをお願いします。おねがいします。。」
繰り返し、繰り返し、そう叫んでいた。
大粒の涙をながし続けているおばあちゃん。

餌代に使ってほしい。と手渡された千円札は、3枚あった。

そのくしゃくしゃの3枚の千円札を今度は、私が握りしめた。

「エスのことは、心配しないでね。
 おばあちゃんこそ、元気でがんばってね。」
by mshirai3 | 2005-01-21 22:52 | 日本ドッグホーム協会

“里親募集”に思うこと。。

今、日本ドッグホーム協会には50頭近くのワンたちが暮らしています。
当然のことだけれども、どの子もみんなかわいい。大好きです。
できることなら、ずーっと一緒に暮らしたい。ですが。。それは不可能。。。

高齢化、核家族化、少子化の進む現代において、泣く泣く手放さざるを得ないペットは、後を絶たない。高齢者の愛犬は、そのほとんどが、高齢犬。第二の犬生をさがすことが困難で、残りの一生を施設で、私達と暮らします。あさって、1頭の高齢者の愛犬が、入所予定。これまた高齢犬。サークルスペースは、空きがあるので、まだまだ増加しても大丈夫。50頭は、OKかな。スペースは、あるのだけれども、世話をするスタッフが足りない。昨年暮れで、トリマーさんが一人辞めたので、犬猫の世話、すべてにおいて思うようにいかず、毎日、大変です。今年になってホームのワンは、まだ誰もシャンプーしていない。掃除も思うようにいかない。施設の入り口には、迷子犬のおじいちゃんと、おばあちゃんが並んでいるので、かなり、臭う。犬小屋の中に、事務所がある。っていう感じになっちゃている。と言っても過言ではないほど。でも、ここに、来る人たちは、「わあーくさい」と思っても、口に出して言う人はいない。それは、みなさんの思いやりにいつも感謝している。

世話が大変なことは、がんばればクリアできる。ボランティアさんも応援に来てくれてる。
一番大変なことは、動物たちの健康管理です。3日に一度は、顧問になっていただいている動物病院へ何かしらの用事で行っている。病院には、施設のすべてのワンたちのカルテがある。私のほうからも、写真付きの名簿を届けてある。おかげさまで、私には、病気に対してのかなりの知識があるようだ。病気や手術後の世話も、寝たきり、痴呆の子の世話も。病院にはなかなか聞けないことも、私には聞きやすいから、と言って、よく相談されることがあるくらいです。

第二の犬生のみつかる若い子たちは、里子に出したほうがいい。ここで、暮らすより、パパやママを探してあげたほうがいい。愛情を独占できるから。ここにいるより幸せのはずだ。

おばあさんから、「この犬は、亡くなったおじいさんから、預かった犬です。よろしくお願いします」と頼まれてきている子たちは、里子には出せない。毎月、ここで、暮らす元気な様子を写真を撮って、1ヶ月ごとのカレンダーを作って送っている。高齢者の励みになるように。

では、迷子犬。
飼い主から見放されてしまった迷子犬。施設には、11匹います。
これまた高齢犬が多い。が、それ以外の若い子たち・・・・・
かわいい子達。困らせている子は、特にかわいい。
たとえば、1年半もここで暮らしているダニエル君。(一応、里親募集ですが。。)
問題児の一人。体調の悪い今の私には、あばれて引っ張るダニエルは、散歩に連れ出すことさえできない。保護したときは、フラットの迷子!?きっと飼い主さんは、探しているにちがいない。と、思ったのですが、、、結果、だれも探していなかった。捨てられた??の疑問にあまりの問題児ぶりに、納得させられてしまったりしてーー。2Fの扉を開けると、真っ先にほえる。寝転んでいたのにすぐにおすわりをする。僕を一番に散歩連れてって!ゴハンも一番にして!!もっと食べたい!!!と吠えまくる。はっきり言ってうるさい。純粋ないいやつなんだけどねえ。サークルも飛び越してしまうので、何度か脱出したこともある。リードにつながれているので、サークルごと倒したこともある。シャンプーが大嫌いで大暴れ。おさえると、本気で噛み付いてくる。手におえない。山梨に住む訓練士のおにいさんが、応援に来てくれたとき、訓練士の横に、ピタっと並んで散歩してた。「さすが、ダニ君。やればできるじゃん。」と関心したこともあった。私のことバカにしてる??でも、かわいい。昨年の夏にやせてしまった。軽い熱中症だった。このまま、もしものことがあったら、私のせいだ。。とダニエルを見ては涙がでてきた。でも、無事に元気になった。おかげで、その間、甘やかしたというのが、原因で、ますます元気になり、問題行動が倍増したかも。。ほんと、憎めないかわいいやつです。

新しい里親さんが決まったとき、良い里親さんが、見つかり、幸せになれる。というのに、私は寂しくなる。
施設に入所した時に、この子は、里子に出す。とはじめから、心にけじめをつけてきた子は、そのつもりでいるし・・
それでも、
お別れのときは、涙が出てしまう。
2年まえ、ゴールデンのキャンディの里親さんが、決まり、新しい飼い主さんの車に乗った時のキャンディの振り向いて私を見たときのかお。忘れられない。。そのキャンディを見ている私の顔を見て、里親さんは、驚いていたのをよーく覚えている。

新しい旅立ちには、涙はつきものですけど。
優しい里親さんを探したい。私達とずーっとおつきあいできたらいいな。
でも、すべてが、思うようにはいかない。。。。。
by mshirai3 | 2005-01-19 22:53 | 日本ドッグホーム協会

施設で保護している迷子犬たち


日本ドッグホーム協会の施設で暮らす犬たちは、
高齢者の愛犬だった子たちですがほとんどですが、他に、迷子犬として保護された子たちもいます。
迷子。というけれど、捨てられてしまったでしょうね。。。。
かわいそうだけど、誰も探していなかった子たちが、残りの一生を、日本ドッグホーム協会で暮らします。
探しているんだったら、次の日くらいには、お迎えに来ますからねえ。

そんな子が、また、日曜日に1匹来ました。

何匹いるかな~と数えたら、11匹いました。

ホームで暮らすワンたちの、ページを作り直してみました。よかったら、見てください。

b0038381_14584690.jpg

by mshirai3 | 2005-01-19 14:32 | 日本ドッグホーム協会

あいネットプレス


b0038381_1943264.jpg


あいネット情報誌 〔あいネットプレス〕 vol.42 2005.1月号にて、
輝いている人に会いたい “静岡の女性たち”

に掲載していただきました。


雑誌を読んだ方々から、

「このような活動をしている方が、同じ静岡市にいるなんて、知らなかったです。同じ女性として、感激しました。がんばってください。」

励ましのお言葉と、ご寄付、そして、賛助会員へのお申し出、等を、いただきました。
ありがとうございました。
いろいろな問題に直面している日本ドッグホーム協会ですが、施設の子たちを、守っていかなければならないというプレッシャーに押しつぶされてしまいそうな今の私は、皆様のたくさんんの応援をいただき、勇気づけられました。

また、取材していただいた、あいネットの方々へ、感謝の気持ちでいっぱいです。

本当にありがとうございました。
by mshirai3 | 2005-01-17 15:34 | 日本ドッグホーム協会

パソコンの先生♡

b0038381_2241364.jpg
昨日、私の大好きな♡、ではなく尊敬しているパソコンの師匠が、突然、東京から、来ました。
名古屋(彼の実家)へ帰る途中で、立ち寄ってくれました。
彼はPCのプロです。私より15歳若い♡
5年ほど前に、彼が清水に勤務のときにお世話になって、、
それ以来、ずーっと迷惑がられても、(3年前からは東京勤務)私は、彼を追いかけて、PCのこと、HPのことを教わりつづけています。
昨日は、私の重たくなったパソコンを整理してくれました。
暮れに購入した、複合機で、PDFファイルを作成してくれて(私は、やり方を理解するのに悩んでました)HPへのアップロードの方法もわかりました。
HPへ、どんどん取り込んでいこうと思います。


「体調が悪いと、聞いていたけど、元気そうで安心しました。」
と言ってました。
私の身体、心配してくれていたんですね♡
師匠が来てくれたから、元気がでたのですよ(*^。^*)
by mshirai3 | 2005-01-09 22:52 | ひとりごと

迎春

b0038381_2282685.jpg




  “謹賀新年”
  
  =本年もどうぞよろしく=



お店の年末年始の慌ただしさも、落ち着いてきまして・・
今年になって、やっと、ブログ投稿です。

昨年は、いろいろなことがあり、
みなさまにささえられて、やっと、本当にやっと、という感じで年越しができました。

年末には、念願の会報「えんぜるはうす」が創刊され、ご支援いただいた方々に配ることができました。
皆様の応援のもとに、こうして、私たちの活動が在るのです。
本当にありがとうございました。

新年早々から、いろいろな問題をかかえておりますが、
今年もがんばります。ひたすら、がんばるのみです。
by mshirai3 | 2005-01-09 22:40 | 日本ドッグホーム協会


日本ドッグホーム協会は、やむを得ず手放さなければならない高齢者のペットの救済活動を行っている社会奉仕団体


by mshirai3

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31


ペット(保護活動) ブログランキングへ

インターネットのお買物は下記のバナーからお願いします
(売上金の一部が日本ドッグホーム協会に寄付されます)




犬・猫の総合情報サイト『PEPPY(ペピイ)』

犬・猫の総合情報サイト『PEPPY(ペピイ)』

ベルメゾンネット


お得情報満載!a-shop


日本ドッグホーム協会
日本ドッグホーム協会
●沿革
●活動内容
●ご寄付のお願い


わんにゃん日時計
(ご支援の報告です)


がんばれハナちゃん!
(ハナちゃんありがとう)



ラヴェルに恋して
橋爪雅子さんのサイト

カマラードチャリティーコンサート
チャリティーコンサートが開催されました!
●H21.5.22 千葉市にて
●22.11.13 茨城県大子町にて




Yahoo!オークション





富士山ライブカメラ
清水港から見た富士山

以前の記事

2016年 02月
2016年 01月
2015年 10月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 01月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月

人気ジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

ボランティア
動物・ペット

画像一覧